2010年03月10日

Lost #6.04 - The Substitute

『LOST』シーズン6 第4話「代理」

[2004年] ロサンゼルス国際空港から自宅に帰り着いたロックだが、車から降りようとしたところ、車イス用の昇降機が故障。一人で無理に降りようとして車イスが転倒し、地面に投げ出されてしまう。それに気づき、慌てて玄関から飛び出して来たのは、恋人のヘレンだった。家の中に入り、ロックの洗濯物をしようとしたヘレンは1枚の名刺を見つける。空港で知り合ったジャックという医師から貰ったと答えるロック。無料で診察を受けられると聞いたヘレンは、奇跡が起こるかも知れないと喜ぶ...。

>>ネタバレ覚悟で続きを読む

posted by キント at 17:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | シーズン6

2010年02月17日

Lost #6.03 - What Kate Does

LOST』シーズン6 第3話「彼女の心情」

[2004年] クレアを人質に、運転手を脅してタクシーを走らせるケイトだが、信号待ちで停止した隙に運転手が逃げてしまう。自分で運転するはめになったケイトは、人気のない場所でクレアを降ろすと、そのまま自動車修理工場に向かい、工員に金を払って手錠を外してもらう。他に金目の物は無いかとクレアのバッグを漁ってみたが、入っているのはベビー用品ばかり。罪の意識にさいなまれたケイトがクレアを放置した場所まで引き返すと、そこには見知らぬ土地でどうすれば良いか分からず、途方に暮れているクレアがいた。話を聞いてみると、お腹の中の子供を養子に出すため、はるばるシドニーからやって来たのだと言う。しかし、空港に迎えに来ているはずの引き取り手の夫婦がおらず、仕方なくタクシーに乗ったのだと。そんな事情を知ってしまったケイトは、その夫婦の家までクレアを送って行くことにするのだが...。

>>ネタバレ覚悟で続きを読む

posted by キント at 12:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | シーズン6

2010年02月11日

Lost #6.02 - LA X, Part 2

LOST』シーズン6 第2話「テンプル」

[2004年、ロサンゼルス国際空港] 税関検査の列に並び始める815便の乗客たち。トイレに行きたいとマーズ保安官に頼んだケイトには、もちろん別の目的があった。そこでマーズを襲って気絶させ逃走したケイトは、エレベーターに駆け込む。それに乗っていたソーヤーは、手錠のままのケイトに気づくが、あとから乗り込んできた職員たちに気づかれないよう庇い、逃がしてやるのだった。なんとか空港の外に出られたケイトだが、そこに意識を取り戻したマーズが追って来た。目の前のタクシーに飛び乗ったケイトは、運転手を銃で脅して出発させる。そんなケイトに怯え、隣で震えているのは先に乗っていた乗客の...。

>>ネタバレ覚悟で続きを読む

posted by キント at 02:20 | TrackBack(0) | シーズン6

2010年02月04日

Lost #6.01 - LA X, Part 1

LOST』シーズン6 第1話「LA X」

窓の外に広がる白い雲海を見つめていたジャックは、ふと我に返り周りを見渡す。シドニー発ロサンゼルス行きのオーシャニック航空815便の機内に異常は無いものの、何かしら違和感を感じる。キャビンアテンダントのシンディーがこっそりくれた酒の小瓶を飲んで気を紛らわせようとした瞬間、機体が大きく揺れ始める。その揺れを恐れるジャックを安心させようと声をかけたのは、通路を挟んだ隣の席のローズだった。ローズの夫バーナードが後部座席のトイレから戻って来ると、今度はジャックがトイレへと席を立つ。トイレの鏡を見たジャックは、首に血が滲んでいるいることに気づくが、なぜいつそうなったのかまるで覚えが無い。やがて自分の席に戻ると、さっきまで誰もいなかった隣の席に男が座っていた。デズモンドと名乗るその男に、どこかで会ったような気がしたものの、思い出せないジャックは、また窓の外を見つめ始める。ジャックは知る由も無かったが、その遥か眼下の海の底には、あの島が沈んでいた...。

>>ネタバレ覚悟で続きを読む

posted by キント at 04:18 | TrackBack(0) | シーズン6