2010年05月20日

Lost #6.14 - The Candidate

『LOST』シーズン6 第14話「候補者」

[2004年] ロックが目を覚ますと、そこには以前ロサンゼルス国際空港で出会ったジャックという医師がいた。轢き逃げされた自分の手術を担当したのがジャックだと聞かされ、感謝するロック。だが、ジャックがさらなる治療、下半身麻痺を治す新治療法を受けられる候補者に推したいと話すと、ロックはなぜかそれを拒否するのだった。

なぜせっかくのチャンスをふいにするのか? その理由を探るため、ジャックはロックが麻痺になった3年前の事故について調べることに。当時の担当医の一人である歯科医師のバーナードを訪ねたジャックは、815便で2つ隣の席に座っていた男だと気づく。ジャック、ロック、バーナードが3人とも同じ飛行機に乗っていたのは奇妙だと話は盛り上がるが、バーナードは患者の個人情報は明かせないと断ると、代わりにロックと一緒に事故に遭った男のことを調べてみれば良いと言い、アンソニー・クーパーという名前をジャックに伝えた。介護施設に向かったジャックは廃人となったクーパーに会い、ロックの父親だということを知るが...。

>>ネタバレ覚悟で続きを読む

posted by キント at 08:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーズン6

2010年05月19日

Lost #6.13 - The Last Recruit

『LOST』シーズン6 第13話「合流」

[2004年] 轢き逃げされたロックを乗せた救急車が病院に着いた時、同じくもう一台の救急車が到着。そちらには、銃で撃たれたサンと心配そうに見守るジンが乗っていた。病院内に運ばれる途中、ロックの顔を見たサンは、それが誰かを知るはずも無いのに、なぜか怯え始める。

逮捕したケイトを取り調べるソーヤー。815便の機内やロサンゼルス国際空港で会ったことを、お互い覚えていた二人は、ただの偶然ではない、奇妙な繋がりのようなものを感じる。しかし、そこにレストランで殺人事件が起きたとマイルズが知らせに来たため、ソーヤーは席を外さざるを得なかった。

兄オマールの家に戻ったサイードは、慌てて荷造りを始める。それを見たナディアが理由を聞いても、ただ出て行くとしか答えないサイード。そこに予想より早く刑事が訪ねて来たため、裏口から逃げようとしたサイードだったが、ソーヤーに逮捕されしまう。

産まれてくる子を養子に出すつもりのクレアは、斡旋業者を訪ねるが、そこに以前空港で会ったデズモンドが現れ、クレア一人では難しい手続きは無理だと教える。いい人を紹介すると言い、クレアを案内したのは、弁護士のイラーナのオフィスだった。すると、イラーナは偶然にもクレアのことを探していたのだと、驚きながらデズモンドに感謝する。

イラーナから連絡を受け、息子デイヴィッドを連れてオフィスに着いたジャックは、クレアを紹介される。クレアと言えば、確か父クリスチャンの遺言書を探していた時に 出てきた名前。クレアから事情を聞かされたジャックは、父に隠し子がいたことを初めて知る。色々と話を聞きたいジャックだが、緊急手術の呼び出しで、すぐ病院に戻ることに。いざ手術室に入ってみると、患者とはジャックの知るあの男だった...。

>>ネタバレ覚悟で続きを読む

posted by キント at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーズン6

2010年05月12日

Lost #6.12 - Everybody Loves Hugo

『LOST』シーズン6 第12話「ヒューゴの導き」

[2004年] 世界的なファストフード店のオーナーとして、数々の慈善事業も手がけてきたハーリーは、その貢献を称えられ、マン・オブ・ザ・イヤーに選ばれる。受賞式の司会者は「皆から愛される」とハーリーを紹介するが、同席していた母は素直に喜べないでいた。確かに息子は人気者ではあるが、いい歳してガールフレンドの一人もいやしないと。そこで母は一計を案じ、嫌がるハーリーをブラインド・デートに向かわせる。レストランで見知らぬ相手を待っていたハーリーに話しかけてきたのは、リビーという女性だった。リビーはハーリーのことをよく知っているようだが、ハーリーは全く彼女に覚えが無い。もっと話を聞こうとするが、そこに現れた男はハーリーに謝ると、リビーを外に連れ出した。あとを追って店を出たハーリーが見たのは、精神病院の車に乗せられるリビーの姿だった...。

>>ネタバレ覚悟で続きを読む

posted by キント at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーズン6

2010年05月10日

Lost #6.11 - Happily Ever After

『LOST』シーズン6 第11話「目覚めの時」

[2007年] 病室のようなところで目覚めたデズモンド。訳が分からず、愛する妻ペニーの姿を探して回りを見渡すが、ベッドの傍らにいたのは天敵のチャールズ・ウィドモアであった。ウィドモアからベンに撃たれたことを聞かされたデズモンドは、そのことを思い出すが、今居る場所は明らかに病院ではない。意識を失っている間に、勝手に連れ出したことを謝罪するウィドモア。連れ出したとは、どういう意味なのか? デズモンドは潜水艦に乗せられ、島に連れ戻されたことを知る。ウィドモアはデズモンドを巨大な電磁コイルのある小屋に閉じ込め、ペニーや息子を、そして世界を救うために、その身を捧げてくれと言い、スイッチを入れる。電磁コイルに電気が通ると、デズモンドは眩い光に包まれ...。

>>ネタバレ覚悟で続きを読む

posted by キント at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーズン6

2010年05月05日

Lost #6.10 - The Package

『LOST』シーズン6 第10話「パッケージ」

[2004年] ロサンゼルス国際空港の税関からようやく解放されたジン。ローレックスの金時計は返してもらえたものの、25,000ドルは没収されてしまった。なぜ時計と大金を持っていたのかとサンに聞かれたジンは、サンの父ペクからある男に渡すよう命じられたと答え、現に何のためなのかは自分も知らなかった。ホテルに着いた二人は甘い一夜を過ごすが、翌朝ペクの知り合いと名乗るキーミーという男が部屋に押しかけて来て、手土産を渡せと迫る...。

>>ネタバレ覚悟で続きを読む

posted by キント at 12:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーズン6

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。