2017年05月09日

移転のお知らせ

長らく放置しておりましたが、下記の新ブログに移転いたしました。
『LOST』に関して新しい投稿は増えないでしょうけど、他の海外ドラマも紹介してます!

【海外ドラマ ファンクラブ】
posted by キント at 19:32 | その他

2010年11月21日

Lost - The New Man in Charge

LOST』エピローグ 「新しい責任者」

グアムにあるダーマの倉庫。島に物資を送るための作業を進める二人の作業員。そこに突然現れたベンと名乗る男は、本部から来たと言い、二人に解雇を言い渡す。二人が抗議すると、ベンは「新しい責任者」によって、ダーマは変わったのだと告げる。今まで自分たちは何のために働いてきたのか?...納得いかない二人のため、ベンは持ってきたDVDをプレイヤーにセット。モニターに映ったチャン博士の案内によるダーマの実態を二人に見せるのだった。

次にベンが姿を見せたのは、かつてハーリーやリビーが入院していたロスにある精神病院。患者のキースという人物に面会を求めるベンだが、その目的は、そしてキースの正体とは...。

* * *

DVDやブルーレイの特典として、新たに撮影されたエピローグです。ドラマ本編で明かされなかった謎も、少しではありますがこちらで解明されます。


posted by キント at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーズン6

2010年05月31日

Lost #6.18 - The End, Part 2

『LOST』シーズン6 第18話「終幕 後編」

[2004年] 無事に手術を終え、ロックを病室まで運ぶジャック。だがその時、まだ麻酔が効いているはずのロックが目を覚ます。さらにジャックを驚かせたのは、手術を終えたばかりなのに、ロックの足がもう動いていることだった。そしてロック自身は、自分の足が動くところを見た瞬間に、島でのことをすべて思い出す。ジャックがまだ思い出していないことを悟ったロックは、早く思い出せると良いと話しかける。意味が分からないジャックは、息子デイヴィッドを迎えに行かなければならないことを理由に、早く話を切り上げようとするが、今度は君には息子などいないと告げられる。混乱したジャックは、逃げるようにその場から立ち去った...。

>>ネタバレ覚悟で続きを読む

posted by キント at 08:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーズン6

2010年05月24日

Lost #6.17 - The End, Part 1

『LOST』シーズン6 第17話「終幕 前編」

[2004年] ロサンゼルス国際空港に着いた棺は、とある教会へと運ばれる。教会の前でそれを待っていたデズモンドは、関係者のふりをして棺を受け取った。それを見ていたケイトは、デズモンドが何者で何をしようとしているのかを尋ねるが、今に分かるとしか答えは返ってこない。

サイードを連れてモーテルに着いたハーリー。麻酔銃を見せ、何か思い出さないかと尋ねるハーリーだが、サイードは無反応。とある部屋のドアをノックすると、そこにいたのはチャーリーだった。ハーリーは親しげに話しかけ、コンサート会場まで送ると言うが、まだ"思い出していない"チャーリーは、コンサートには出ないと答える。ハーリーは麻酔銃でチャーリーを撃つと、車に乗せてその場から連れ去った...。

>>ネタバレ覚悟で続きを読む

posted by キント at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーズン6

2010年05月22日

Lost #6.16 - What They Died For

『LOST』シーズン6 第16話「すべてはこのために」

[2004年] 朝起きて鏡に向かったジャックは、首に血がついていることに気づく。815便の機内でも同じことがあったが、すぐに血を拭ったジャックは、あまり気にもせずデイヴィッドやクレアと朝食を食べ始める。と、そこにオーシャニック航空から電話がかかり、行方が分からなかった棺がついに発見されたと言う。喜ぶジャックだが、電話をかけて来たのは実はオーシャニック航空の職員ではなく...。

>>ネタバレ覚悟で続きを読む

posted by キント at 00:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーズン6